【Adobe XD】おすすめのプラグイン3選!制作会社の私が徹底解説

こんにちは、remacreライターのナガセです。

本記事ではAdobe XDのおすすめプラグインを紹介します。

普段私はホームページ制作会社でディレクターをしているので
ほぼ毎日のようにXDを使っています。

そんな私が今回は
作業スピードが爆速になるプラグインをご紹介したいと思います。

プラグインの使い方をいまいちわかってない。

プラグイン入れたことない!という方でも迷わずできるように

1つ1つ使い方も紹介していきます!

XDプラグインのインストール方法

まずはプラグインのインストール方法からご紹介します。

プラグインのインストールはXDから3ステップでカンタンにできます。

①XDを起動してデザイン画面をひらく
②プラグインパネルをひらく
③プラグインを選んでインストール

早速、解説していきます。

①XDを起動してデザイン画面をひらく

まずはデザイン画面をひらきます。

XDを起動するとカンバスサイズを選ぶ画面が出てきますので

どれかを選びます。

(デザイン画面を開きたいだけなので何でもOKです)

②プラグインパネルをひらく

プラグインパネルをひらきます。

これはちょっとわかりにくいところですが

左下に小さくプラグインのマークがあります。(レゴブロックみたいな形です)

これをクリックすると「プラグインをみつける」

というボタンがあるのでクリック。

③プラグインを選んでインストール

「プラグインをみつける」を押すとプラグインを探してインストールすることができます。

好みのプラグインを見つけてインストールをするだけ。

カンタンですね。

XD おすすめのプラグイン3選

インストール方法がわかったところで

作業スピードを上げてくれるおすすめのプラグインを紹介していきます!

アートボードを一瞬でリサイズ:Resize Artboard to Fit Content

XDで作業する人なら誰にでも嬉しいプラグイン。

アートボードが丁度いいサイズにならない。。

そんなとき1つ1つ調節するのって結構メンドイですよね。

このプラグインを使えばそんな悩みもボタン一つで解決します。

使い方:①リサイズしたいアートボードを選択
    ②プラグインのボタンを押しリサイズ
    ①リサイズしたいアートボードを選択

①リサイズしたいアートボードを選択

アートボードが選択できている状態(アートボードが青枠になりますよ!)を確認します。

②プラグインのボタンを押しりサイズ

アートボードが選択できたらプラグインのボタンをおします。

たったこれだけでOK。

ちょっと残念なところ:コンテンツ同士が離れているとリサイズされない問題

ただ、ちょっと使っていて不便だなあと思うのは

アートボードのサイズが足りてないとき。

コンテンツの途中で−とボードが切れていればきちんとリサイズできるのですが、、、「もっと下までほしいんだ!!!」という要望は叶いません。

ちょっと残念。

でも1つ1つリサイズするよりは圧倒的に楽。

XDで作業するなら必須のプラグインですね。


②XD上でアイコンを検索できる:Icons 4 Design

こちらのプラグインはXDを離れずにアイコンを探すことができます。

これは見つけたとき感動しました。

いままでUIキットやウェブ上から探して、保存→XDにアップという

めちゃくちゃ時間がかかったのですがプラグインを入れれば直接使えるので

ワイヤーフレーム作成やデザインを作る上で、作業効率アップまちがいなしですね。

使い方:①プラグインを開く

②アイコンを検索

③使いたいアイコンをクリックする

たったこれだけです。

①プラグインを開く


プラグインパネルからプラグインを開きます。

②アイコンを検索

使いたいアイコンを探していきます。

アイコンはプラグインを開けばすぐに検索ボタンが出てくるのでそこから探していきます。

※英語で探しましょう。

③使いたいアイコンをクリックする

「map」や「star」などアイコンを検索すると

画像のようにいろいろなアイコンがでてきます。

つかいたいアイコンをクリックするとアートボード上にアイコンがでてきます。

ちなみに、アイコンの色は自由に変えられますよ。

ちょっと残念なところ:

使い慣れれば問題なしですが、最初の頃は「このアイコンあるかな」と

探り探りになりますね。

あとは英語が苦手だといちいち英語に変換するのがたいへんかな、

というくらいです。

とはいえウェブから引っ張ってくるよりも圧倒的に便利ですよ。


③XD上でアイコンを検索できる:テキスト校正く

こちらは文字校正を行ってくれるプラグインです。

・ら抜き言葉
・二重否定
・同じ助詞の連続使用
・同じ接続詞の連続使用
・逆接の接続助詞「が」の連続使用
・全角と半角アルファベットの混在
・弱い日本語表現の利用(〜かもしれない)
・読点の数(1文に3つまで)
・マイクラウェブの用語や名称の表記統一(Javascript → JavaScript、Gitghub → GitHub等)
・漢字の閉じ方、開き方(下さい → ください、出来る → できる等)

テキスト校正くん公式ページより

インストールはコチラから

テキスト校正くんだけは、XD上からインストールできないので
下記手順でダンロードしましょう。

こちらも2ステップでおわるのでカンタンです。

ダウンロードページにアクセス

②ダンロードしたものをクリックしてひらく

ダウンロードフォルダに【japanese-proofreading.xdx】というファイルが

できるのでクリックするとインストールができます。

使い方:

①校正したいテキストエリアをクリック

②プラグインのボタンをクリック

①校正したいテキストエリアをクリック

青枠になればクリックできています。

②プラグインのボタンをクリック

わざと常体で書かれている文章に「ました」をまぜてみました。

しっかり校正されています。。!

ちょっと残念なところ:

今のところは使っていて問題はなしです。

強いて言うならXDからインストールできたらもっといいな。くらいですかね。

プラグインを使ってXDの作業効率をアップしよう!

さて、今回は私が普段使っているXDのプラグインおすすめ3選をご紹介しました。

ワイヤーフレームやデザイン制作どちらでも使えるプラグインだと思いますのでぜひ使ってみてください。

本記事は以上です。

永瀬 瑠香

WRITER

ディレクター/ライター

永瀬 瑠香

日進月歩が座右の銘です。

Recent Etnries

Archive