クラウドファウンディングサイト徹底比較【オススメ5選】

クラウドファウンディングをしたいけれど、結局どのサイトがいいかわからない。

それぞれのサイトの特徴が知りたい。

そんなあなたのために、制作会社が厳選したオススメのクラウドファウンディングサイトを徹底的に比較しました。

クラウドファウンディングとは

まずはクラウドファウンディングをやったことがない人のためにも具体的にどういうもの?というのをご紹介します。クラウドファウンディングは「インターネット上でサービスや商品に共感してくれる人から資金を集めること」です。

資金調達のひとつの手段ですが、銀行にお金を借りる、投資家からの融資を集めようと思うとかなり手間がかかりますよね。その点、クラウドファウンディングはだれでもインターネット上で資金を集めることができるので手軽に初められるのが特徴です。

また、SNSだからこその話題性や拡散性、販売前の事前テストとしても有効だからこそクラウドファウンディングは注目されています。

クラウドファウンディングの種類

クラウドファウンディングにも種類があることを知っていますか?実は、クラウドファウンディングには4つの種類に分けることができます。

購入型

商品やサービスを購入するというイメージに近い購入型。ほとんどのクラウドファウンディングがこの形です。

プロジェクトを立ち上げ、目標金額と期限を決め、リターンとして商品やサービスを提供します。

購入型のメリット:資金調達だけではなく自社の商品やサービスのファンを獲得することができます。すでに販売している商品でも、割引価格で出すことでPRにもつかうことができます。
購入型のデメリット:資金の寄付ではなく購入なので定価以上の価格設定にはできません。

融資型

資金を集めたい企業が多くの投資家から資金を募る形。投資家には金利があるため資産運用の側面があります。

融資型のメリット:お金を貸したい人と借りたい人のマッチングで、小学からでも資金を集めやすい。
融資型のデメリット:利回りを決めて融資を集めなければ行けないため、少ない利回りだと資金を集めにくい。

寄付型

募金と同じイメージで資金を集める寄付型。基本的に寄付型は社会貢献性が高いものの資金調達に利用する。

寄付型のメリット:大きな規模でも資金調達を行うことができる。
寄付型のデメリット:社会貢献性が高い事業の資金集めしかできない。

投資型

投資型には「ファンド型」と「株式投資型」の2種類があります。

ファンド型:これから立ち上げるビジネスに対して投資する方法。投資家は売上によって収益が増減します。
株式投資型:リターンを株式として受け取ることができる。大きなリターンがかえってくるメリットがあります。

クラウドファウンディングのプロジェクト方式

クラウドファウンディングにを行ったことがない人にとっては聞き慣れない「プロジェクト方式」。プロジェクトが達成されたとき、されないときの資金がどうなるのかというのがこのプロジェクト方式によってちがってきます。

プロジェクト方式には2種類あります。

All or Nothing方式

プロジェクトが達成されたら資金を得ることができます。未達成の場合は資金を得ることはできませんが、リターンを支払う必要もありません。

開業資金や商品の開発をするときの資金を集めたい!という場合はAll or Nothing方式のほうがノーリスクで資金を集めることができます。

All in方式

プロジェクトの目標が未達成でも資金を受け取ることはできますが、確実にリターンを支払わなければいけません。追加資金の調達やPRの目的であればこちらのプロジェクト方式がベストです。

クラウドファウンディングのおすすめサイト5選の徹底比較

クラウドファウンディングのことはだいたいわかったけど、結局どのサイトを選べばよいかわからないというあなたのためにオススメサイト5選の徹底比較表をつくりました。

これからクラウドファンディングをしたいというあなたはぜひ参考にしてください。

得意なジャンル最高支援金額手数料種類/プロジェクト方式
Makuake商品開発やイベント提携約2,748万円20%購入型(All or Nothing / All in)
Readyfor Charity社会貢献性の強いプロジェクト12%、17%寄付型
Ready forゲストハウス、レストラン約2,633万円12%〜購入型(All or Nothing)
GREEN FUNDINGエンタメ、ガジェット、社会貢献約2,551万円手数料20%購入型(All or Nothing / All in)
ENjiNEコスメ、インテリア、社会貢献20%目標達成型 / 実行確約型 / 購入型

クラウドファウンディングサイトを選ぶときに特に大切なのは

①得意なジャンル

②種類・プロジェクト方式

③手数料

です。

どんなに大きなサイトやよいプロジェクトでもそのサイトが得意とするジャンルではないとプロジェクトの成功率が下がってしまいます。サイトを選ぶときにはこの3つを比較して商品やサービスに合ったサイトを選びましょう。

クラウドファウンディングを成功させるヒミツ

クラウドファウンディングを成功させるヒミツはサイト選びだけではありません。たしかに、商品やサービスにあったクラウドファウンディングサイトを選ぶことも必要です。

ですがそれは基本中の基本。プロジェクトを成功させるなら支援者の心をつかむページの制作、商品の見せ方、ターゲットの選定が必要になります。

これからクラウドファウンディングをしたいと思っているけど成功するか不安、そもそもなにからはじめたらいいかわからないというかたはぜひremacreにご相談下さい。

remacreはホームページ制作・ウェブマーケティングの会社です。クラウドファウンディングでのプロジェクト成功実績も多数あります。

実績1:Makuakeにて目標金額の200%を達成

 実績2:Makuakeで売上1000万円を達成

→実績を詳しく見る

クラウドファウンディングについて詳しく知りたい、サポートが欲しいといったご要望もお気軽にご相談下さい。

remacreに相談する

WRITER

ディレクター/ライター

永瀬 瑠香

日進月歩が座右の銘です。

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます

Recent Etnries

Archive