第四回_Webマーケティングコラム_Web広告でよく見る専門用語まとめ

こんにちは!

 

今回は前回までと少し趣向を変えて、Web広告界隈でよく見る用語についてまとめてみました。

◆Webマーケティング指標

Impression

広告が実際にWeb上に表示されること。表示された回数をインプレッション数(表示回数)という。

 

Click

表示された広告、もしくは広告記事内のURLリンクなどがクリックされること。クリックされた回数をクリック数という。

 

CTR(Click Through Rate)

クリック率のこと。Web広告の表示に対し、クリックされた割合を指す。
クリック数÷インプレッション数で算出。

 

CPC(Cost Per Click)

クリック単価のこと。Web広告で、1クリックを獲得するのにかかるkを指す。
費用(コスト)÷クリック数で算出。

 

CPM(Cost Per Mille)

1,000回表示あたりの広告費用のこと。DSPや純広告などの広告配信の指標としてよく使用される。

 

CV(コンバージョン)

Web上で獲得する最終的な成果のこと。商品購入や資料請求、問い合わせ、会員登録など、広告主によってゴールは異なる。

 

CVR(Conversion Rate)

コンバージョン率ともいう。Webサイトへ訪れたアクセスのうち、何%がコンバージョンに至るかを割合で示す。コンバージョン数÷クリック数で算出。

 

CPA(Cost Per Action)

獲得単価ともいう。顧客を1人、もしくは1回の商品購入や会員登録などのCV成果を獲得するのにかかる費用を指す。費用(コスト)÷CV数で算出。

 

ROAS(Rerurn On Advertising Spend)

その広告からの売上と、広告費用の効果を測る指標。費用対効果ともいう。
売上÷広告費で算出。

 

ROI(Return On Investment)

投資収益率のこと。ROASが売上に対して出す指標に対し、ROIは原価などを差し引いた利益率を図る指標。利益(売上-コスト)÷広告費で算出。

 

エンゲージメント

SNSでよく使用される指標。投稿に接触したユーザーの「いいね!」やシェア、コメントなどのアクションのこと。

 

◆まとめ

今回はネット広告でよく見かける指標をピックアップしてご紹介しました。

今回紹介したもの以外にも、広告の種類によって言い回しがちょっと違ったり、

覚えるべき単語はたくさんあります、、

このページは都度都度更新していきますので、私と一緒に少しずつ勉強していきましょう!

 

それでも”単語が難しすぎて覚えられない!!”、”なんだかもう嫌になっちゃった、、”という方がいらっしゃれば

お気軽にremacreにご相談ください!!

remacre(リマケ)ではリスティング広告の運用をお手伝いさせていただきます。

今から一から勉強するのはちょっと、、という方はぜひ一度ご相談ください。