.htaccessについて調べてみました

はじめまして。イケダです。

今回は、ホームページ作成に便利な、Web​サーバーの設定ファイル「.htaccess」について解説します。

.htaccessとは?

.htaccessとは
「Apache(アパッチ)」というソフトウェアに対応している、基本的な動作をディレクトリ単位で設定を制御することができるファイルです。

レンタルサーバー等でホームページを公開する際にも、.htaccessによっていろいろな機能を実現できます。自分専用にWEBサーバーの設定を変えたい場合は、.htaccess ファイルを格納することで、WEBサーバの設定変更(一部)を行うことができます。

.htaccessで何ができる?

様々な機能がありますが、代表的なものとしては、「BASIC認証」、「redirect」、「IP制限」があります。

①BASIC認証

ディレクトリなどに認証を付けて、ID/パスワードの入力を強制する仕組みのことです。
BASIC認証を使うと、ホームページに、ユーザー名・パスワードによるアクセス制限をかけることができます。

②redirect

訪問者が古いページへ訪れた場合に、そのアクセスを自動的に新しいページへ転送することができます。訪問者の視点では、ブラウザに古いページが表示されると、それが移転先のページへ自動的に切り替わるといったイメージです。

③IP制限

ホームページへアクセスできる範囲を限定できる設定です。「BASIC認証」では、ユーザー名・パスワードによる制限だった一方、「IP制限」では文字通り、接続元のIPアドレスによって制限を行います。

まとめ

.htaccessを使用して、パスワードやIPアドレスによるアクセス制限や、アクセスの転送(リダイレクト)といった便利な設定を行うことができます。設定自体はシンプルなので、ホームページ制作の初心者の方でも難しくはありません。是非活用してみてはいかがでしょうか。

本記事は以上です。

WRITER

池田豊

Recent Etnries

Archive