LINEで集客する方法を1から開設【お問い合わせや反響を増やすコツまでご紹介】

公式LINEのアカウントで集客をしたい、でもやり方がわからない。本記事では、LINE公式アカウントを使ってお問い合わせや反響を増やす方法をご紹介します。

「公式LINEは使ったことないからわからない」「どんなふうに運用したらいいか教えてほしい」そんなあなたでも迷わずLINE公式アカウントで集客出来るよう1から解説していきます。

LINEが集客にピッタリな理由

「LINEで集客するといい」とは聞くけどどうして?どんな効果があるの?これからLINE集客を始めようと思っているあなたはそんなギモンがあるかもしれません。

そんなあなたのために、LINEが集客にぴったりな理由をご紹介します。

理由1:幅広い世代にアプローチできるユーザーの多さ

TwitterやInstagram、フェイスブックなどのSNSと異なるのはそのユーザーの多さと使用している年代の幅広さです。Twitter、Instagramと聞くと「若い子が使っている」というイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。

ですが、LINEは幅広い年代のユーザーが使っています。国内の約67%がLINEを使っているのです。だからこそ、他のSNSとは異なりアプローチできる人数も多いので集客にぴったりです。

理由2:無料で、商材や企業の規模に関係なく使える

配信数にもよりますが基本無料で使えるので初期投資がないのも集客に嬉しいポイントです。無料だからビジネスを始めたばかりでも無理なく運用することができます。また、どんな商材でもLINE集客をすることができます。

実際にフィットネスジムや塾など様々なサービスを持つ企業で導入されているんです。

理由3:リピーター獲得にもぴったり

LINE公式アカウントは追加してくれたユーザーに情報を発信できます。すでにお店やサービスを利用してくれている人に対してコミュニケーションをとったり、来店を促したりとリピーターを獲得するのにぴったりです。

LINEで集客する方法

ステップ1:友達を増やして見込み客を獲得

まずはLINEの友達を増やしましょう。基本的には友達登録をしているユーザーにしかメッセージを送ったりクーポンを配布したりすることができません。

ステップ2:見込み客を顧客にする

友達を増やして見込み客の獲得ができたら、見込み客を顧客に育成していくことが大切です。そのためには、定期的にメッセージを配信したりLINEを活用してサービスを使ってもらう、商品を買ってもらうといった行動につなげましょう。

ステップ3:顧客をリピーターにする

一度サービスや商品を使ってもらうだけでは、ユーザーは増えません。顧客をリピーターにするためには、定期的にユーザーとコミュニケーションをとることが大切です。

毎月変わるクーポンやメッセージ配信などをしていきましょう。

LINEで集客するときのコツ

コツ1:認証済みアカウントにする

公式LINEアカウントには、実は2種類あることをしっていましたか?

認証済みアカウント:LINEの審査を通過したアカウント
未認証アカウント:LINEの審査なしで作成できるアカウント

認証済みのアカウントになると、アカウントの検索など集客を行う上で便利です。

認証済みアカウントでできること

・認証済アカウントのバッジが付与されるので信頼度が上がる
・LINEアプリ内のアカウント検索で表示されるようになる
・販促用のデータが無料で使える
・POPなどを発注することができる
・支払い方法にクレジットカードを追加し、請求書決済が選択できるようになる

上記の通りです。LINEで集客したい!というあなたは承認済みアカウントを使いましょう。

コツ2:登録したときの特典を用意する

「お友だちを増やしたいけど、具体的にはなにをしたらいいかわからない。」

そんなときは、お友だち登録をしたときの特典を用意しましょう。居酒屋などで「追加してくれた人にはビール1杯プレゼント!」などといった告知を見たことある人も多いのではないでしょうか。

こんな感じで、登録してくれた人に特典やプレゼントがあると「登録しておこうかな」という人が増えて友達を増やすことができます。

コツ3:ウェブサイトやメルマガで告知をする

公式LINEのアカウントを作っても誰も知らないアカウントでは意味がありません。店舗があるのであればPOPを置いたり、ウェブサイトで告知するなど「アカウントを開設したよ」とお知らせしましょう。

LINEで集客するときに注意すべきこと

注意点1:配信数が増えると料金がかかる

基本的に無料で使える公式アカウントですが、1000通/月以上メッセージを送る場合は月額5000円、もしくは月額15000円のプランに加入することが必要です。

メッセージの配信がすくない場合は問題ないですが、多くなってきたときは有料プランを検討してくださいね。

注意点2:ユーザーは簡単にブロックすることができる

せっかく集めた見込み客にもブロックされてしまってはメッセージの配信ができなくなってしまいます。手軽にメッセージを送れるのはメリットですが、あまりに何度も送るとわずらわしく感じる人もいます。

有益な情報を、適度に配信することを心がけましょう。

注意点3:ユーザーの正確な属性がわからない

公式LINEアカウントには分析機能があり、地域や性別などの情報を得えることができます。しかし、この情報はあくまで推測値なのでLINEの分析データを元にする場合は注意が必要です。

以上、LINEで集客をする方法から注意点までを紹介しました。

「自分で運用していく自信がない」「人材不足で手が回らない」そんなときはホームページ制作会社のリマケにご相談下さい。

LINE集客のサポートを致します。

remacreに相談する

WRITER

ディレクター/ライター

永瀬 瑠香

日進月歩が座右の銘です。

Recent Etnries

Archive