LINE友だち追加広告について

LINEの提供するLINE友だち追加広告。
通常のLINE広告との違いや、何を目的とした広告なのか、その他のSNS広告との違いなどについて説明していきたいと思います。

◆LINE友だち追加広告とは

まず、LINE友だち追加広告とは何かについて概要を説明していきたいと思います。

●何をする広告なのか

LINEが提供している広告配信機能の1つです。

友だち追加をメインとした機能で、友達の獲得をメインに考えている事業者は使わない手はありません。

トーク一覧、LINE NEWS、タイムライン、LINEマンガ、LINE BLOG、LINEポイント、LINEショッピングなどLINEが展開する様々なコンテンツ上に出稿されます。

また、友だち追加広告はLINE公式アカウントの友だちを増やすためのものですが、リストマーケティングを検討されている方にはとってもお勧めです。

DMやメールマガジンなど手段は様々ありますが、中でもLINE公式アカウントが圧倒的に到達率、開封率、クリック率が高いです。

 

●LINE友だち追加広告のメリット

友だち追加広告を利用するメリットは大きく3つあります。

1.LINEでしかアプローチできないユーザーに広告を配信できる

日本においての主要SNSと言われているのがFacebook、Twitter、LINEですが、このうちLINEのみを利用しているユーザーは実に40%近くいます。

Facebook広告などもInstagramを抱えていることから非常に幅広いユーザーに配信できますが、Facebookのみを利用しているというユーザーはそこまで多くありません。

この点からLINEで広告を配信することの最も大きなメリットの一つが唯一性ということが分かります。

 

2.広告費が安い

結論から申し上げますと、LINE友だち追加広告の単価は約200円と言われております。

LPなどを経由しないため、直接広告から友だち追加ができるのでユーザーの手間が少ないというのも理由の一つだと思われます。

 

3.出稿が簡単

その他のSNS媒体に比べ、出稿に必要な設定項目が少ないです。
ただし、その反面審査には非常に多くの時間を要します。ここはデメリットの一つかもしれません。

 

◆LINE友だち追加広告を利用するには

LINE友だち追加広告を出稿する際に前提として、公式アカウントを認証済みアカウントにする必要があります。

 

●認証済みアカウントにするには?

手順は非常にシンプルです。

認証済みアカウントにするための申請は、ホーム画面右にある「歯車ボタン」を押してページを移動し、「アカウント設定」から申請可能です。10営業日前後で回答がきます。
※審査期間がやや長いので、広告の開始日が予め決まっている場合は、期間に余裕をもって審査を行った方が良いでしょう。

 

認証済みアカウントにすると得られる特典

認証済みアカウントにすると、友だち追加広告を利用可能になる以外に、他にも様々な特典が付いてきます。

  • 認証済アカウントのバッジが青色に変わり信頼度が上がる
  • LINEアプリ内のアカウント(友だち)検索結果に表示される
  • 販促用ポスターデータが無料でダウンロードできる
  • POPなどの友だち集めに有効なツールが発注できる
  • 支払い方法として、クレジットカードに加えて請求書決済が選択可能になる

一番恩恵をうける得点はおそらく2番目ではないでしょうか。
LINE内の検索で公式アカウントが表示されると、広告出稿期間以外にも検索から友だち追加という流入経路が確保できるため、大きなメリットと言えるでしょう。

 

◆LINE友だち追加広告の出稿

LINE友だち追加広告の出稿に当たり必要な設定項目は他媒体とほぼ同じです。

●配信先の設定

配信先の設定では以下の項目を設定可能です。

  • 性別
  • 年齢
  • エリア
  • 興味・関心

エリアについては市区町村レベルでの設定が可能なため、配信先を限定したい場合は有効な手段かと思われます。
ただし、配信先を限定しすぎると対象ユーザーが少なすぎて、同じ人に何度も配信されてしまう可能性があるため注意が必要です。

 

●予算

予算は他媒体とほぼ同じで、総予算と入札単価を設定できます。

他媒体と大きく異なる点で最も注意しないといけない点は総予算の限度額です。
一ヵ月に20万円が上限なので、莫大な費用をかけて広告をより多くのユーザーに広告を配信したい!と考えている方は注意が必要です。

 

●広告クリエイティブ

広告クリエイティブの設定項目も他媒体と同じです。

  • タイトル
  • 説明文
  • 画像の設定

イメージの推奨サイズは、正方形が1080ピクセル× 1080ピクセル。長方形が1200ピクセル × 628ピクセルとなっています。

 

 

◆LINE友だち追加広告の出稿後の運用

LINE友だち追加広告についての話とは少し話がそれますが、この広告の目的はLINEの友だちを追加することです。
広告の役目としてはここまでですが、企業としての目的はその先にあるはずです。

では広告からLINEの友だちを獲得した後、どうすれば企業としての利益につながるかについて解説していきます。

 

●公式アカウントのコンテンツ整理

せっかくお金をかけて集客しても、公式アカウントのコンテンツが不足していればすぐにブロックされてしまうでしょう。

ではどのようなコンテンツがあればユーザーにとって有益だと感じさせられるか。
最低限用意しておきたいのは以下の3つです。

  • プロフィール(広告の配信の際に掲載できなかった自社のコンテンツなど)
  • リッチメニュー
  • 友だち登録時のクーポン発行

クーポンについてはLINEが公式にコンテンツとして準備しているので、こちらを利用して定期的に発行すると良いかと思われます。

 

本記事はLINE友だち追加広告の詳細や配信方法、その後の運用についての内容でした。

WRITER

運用型広告コンサルタント

松田 昂大

効率よく生きたい人

Recent Etnries

Archive